ここから本文です

富士ゼロックス、カラーコピー機の顧客満足度調査で7年連続1位に

BCN 8月26日(金)16時6分配信

 富士ゼロックス(栗原博社長)は8月25日、顧客満足度(CS)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D.パワーアジア・パシフィック(鈴木郁社長)が7月28日に発表した「2016年日本カラーコピー機顧客満足度調査 <ラージ&ミドルオフィス市場セグメント>」で、7年連続で第1位になったと発表した。

 今回の調査では、顧客満足度に影響を与えるファクターのうち、「商品」「営業・導入対応」の2つのファクターで、前回に続きトップの評価を受けたという。

 富士ゼロックスは、顧客満足に向けた行動基準「CS行動指針」のもと、従業員一人ひとりがオーナーシップをもって顧客の課題を認識したうえで、営業や研究開発などバックヤードとも連携して、課題解決や価値創造に取り組むことに注力してきた。7年連続での受賞は、こうした取り組みが顧客に評価された結果であるとしている。

 同社では、顧客の継続的な事業成長にとってなくてはならないパートナーを目指し、業界トップの評価にふさわしい商品・サービスの提供に向けて企業努力を重ねていく方針。

最終更新:8月26日(金)16時6分

BCN