ここから本文です

単独首位で週末へ 石川遼のスイング改造はいかに?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月26日(金)19時18分配信

午後から強まった風により後半組が伸び悩む中でも、石川遼の勢いは止まらなかった。午後0時10分に「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」2日目を首位タイからスタートした石川遼は、5バーディ1ボギーの「68」でプレー。混戦から1打抜け出す通算10アンダーとし、単独首位で決勝ラウンドへ折り返した。

兄の石川遼にそっくり!?弟・航がツアーデビュー

玄界灘から吹き付けた最大風速6m/s超の海風。「思い切りが悪いショットがなかった分、メンタルが揺るぐこともなかった」と石川は冷静に対処してホールを重ねた。「風のミスジャッジがなければ、こういう位置でプレーできる。いまの自分の状態だと思います」と、復帰2戦目への手ごたえはラウンドを重ねるごとに増している。

腰痛からの復帰戦となった7月初めの「日本プロ選手権」では、腰の捻転を控えた新スイングへの改造を模索していたが、その後症状が再発しなかったこともあり、練習の方向を転換した。「より捻転を使って、速い回転で打てるようになっている。そこが大きい」と話す現在のスイングは、本来の石川遼と大きな差がないイメージだ。

2月に米国ツアーを離脱して以降、筋力トレーニングを見つめ直すことから復帰へのルートを探り始めた。「体幹や背筋、前腕、上腕、腰もそう。体幹だけではなく、全ての筋肉が強くないといけない。ようやく筋肉が強くなってきたことで、体の回転だけで打てるようになってきた」。

現在の体重は7週前の「日本プロ」から3キロ増の72キロにアップ。「日本プロとは違うスイングになってきた」。文字にすると素っ気ないが、その声は、戦えるスイングを取り戻しつつある喜びを伴っている。

石川が初日から2日間首位をキープしたのは、2009年の「サン・クロレラ クラシック」(北海道・小樽CC)以来2回目のこと。この時は、4日間首位を守り切り、完全優勝を果たしている。(福岡県糸島市/塚田達也)

最終更新:8月26日(金)19時47分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]