ここから本文です

【米男子ツアー・プレーオフ第1戦】松山パットに苦戦し33位発進

東スポWeb 8月26日(金)11時55分配信

【ニューヨーク州ファーミングデール25日(日本時間26日)発】米男子ツアーのプレーオフ第1戦「バークレイズ」(べスページステートパーク・ブラックC=パー71)初日、松山英樹(24=LEXUS)は5バーディー、5ボギーのイーブンで33位発進した。首位は5アンダーのパトリック・リード(26=米国)とマーチン・レアード(33=英国)。

 この日の松山はパットに苦しめられた。2番で2メートルが決められずにボギーを先行させると、その後もボールはカップの横を通過し続ける。それでも13番では13メートルのフックラインを読み切ってバーディー。最後の18番でも5メートルを沈めてバーディーフィニッシュ。

 先週までのレギュラーシーズンのポイント上位者によるプレーオフは全4戦が行われ、出場人数は今大会の125人から次戦は100人。さらに第3戦で70人と絞られていき、最終戦の「ツアー選手権」に出場できるのは30人。総合ポイント1位の選手は1000万ドル(約10億円)のボーナスをゲットできる。

 米ツアーの試算では、前週までのポイントランク12位の松山は、今大会で47位以内に入れば最終戦の出場資格が得られる見込みで、まずはここをクリアしたいところだ。

最終更新:8月26日(金)12時25分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]