ここから本文です

生田斗真の脳内映像に賛否両論!『秘密』衝撃映像解禁

cinemacafe.net 8月26日(金)15時0分配信

生田斗真と、『るろうに剣心』シリーズや『ミュージアム』の大友啓史がタッグを組んだ『秘密 THE TOP SECRET』。8月6日(土)から全国304スクリーンで公開中の本作から、賛否両論の衝撃を呼んでいる挑戦的な“脳内映像”が公式サイトにて解禁となった。

【画像】『秘密』の織田梨沙

清水玲子による同名人気コミックを大友監督が映像化、生田さんをはじめ、岡田将生、松坂桃李、新鋭の織田梨沙、栗山千明、大森南朋らの豪華共演が実現した本作。冷静沈着な捜査官・薪剛を中心にした警察内のエリート集団“第九”が、人の脳内記憶を映像化するという技術を用いて、ある難事件の解決に挑むのだが…。

公開初日から、レビューサイトやSNS上では「世界観が美しすぎる」「脳内映像が怖くて夜眠れなくなった」など、賛否さまざまな声が飛び交い、話題騒然。今回、その衝撃の一端を表す「賛否衝撃映像-残酷で美しい秘密の世界-」が公式サイトで公開された。

生田さん演じる薪の死を予期させるシーンからはじまる本映像。夢か現実か、時に美しくも、観る者を驚愕させる映像が次々と映し出されていく。実際の出来事が、記憶の持ち主のさまざまな感情のフィルターによって“加工”され、できあがる脳内映像は、現実と妄想が入り混じり、何が真実で、何が正しいのか観る者を混沌の中に巻き込んでいく。まさに、“人の秘密を覗き込む”ことの恐ろしさ、危うさをも伝える衝撃的な映像となっている。

「人は見られたくないものをいっぱい持っているはず。最後の聖域とも言える脳の中まで他人に覗かれ、管理されるのは最も怖いこと。これは、登場人物一人一人の心の奥底にある秘密を、脳を通して探し出していくストーリーでもある」と、大友監督も明かしている。

大友監督が、あらゆることに“透明性”や“真実”を求められる現代に突き付ける「秘密」というテーマ。本作が迎える衝撃的な結末は、スクリーンで確かめてみて。

『秘密 THE TOP SECRET』は全国にて公開中。

最終更新:8月26日(金)15時0分

cinemacafe.net