ここから本文です

石川航、ほろ苦最下位デビュー「プロの試合は難しい」

デイリースポーツ 8月26日(金)6時2分配信

 「男子ゴルフ・RIZAP・KBCオーガスタ・第1日」(25日、芥屋GC=パー72)

【写真】兄の貫禄! 遼は首位発進

 今季国内2戦目の石川遼(24)=CASIO=が1イーグル、5バーディー、1ボギーの6アンダー、66をマークし、小田龍一、平本穏ら7人とともに首位スタートを切った。プロツアーデビュー戦となったアマチュアの弟・航(わたる、16)=県浦和高2年=はバーディーなしの10オーバー82をたたいて最下位の138位。兄と対照的な結果となった。

 ほろ苦いプロツアーデビュー戦だった。航は10オーバーの82でフィニッシュ。トップの兄とは対照的に最下位発進となったが、「いい1日だったと思います。自分の中では調子は悪くなかったのですが、それでもこのスコアですから、プロの試合は難しいです」と率直に振り返った。

 今週は、かつてプロを目指していた姉の葉子さん(19)にキャディーをしてもらいながらのラウンド。9番パー5では第2打をバンカー手前に刻むか、右を狙うかで意見が分かれた結果、結局バンカーにつかまってしまったものの「意見が割れることもあるけど、2人で話し合ってできてよかったです」と笑顔ものぞかせた。

 最下位からスタートする2日目は上を目指すのみ。「1打1打を大切にして少しでもいいスコアで回れるように頑張りたい」と必死に前を向いた。

最終更新:8月26日(金)7時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。