ここから本文です

(教えて!変わる相続制度:3)預貯金も遺産分割の対象に?

朝日新聞デジタル 8月26日(金)16時0分配信 (有料記事)

 2人の娘がいる男性(80)が亡くなり、約1千万円の預金が残された。妻はすでに死亡。長女(55)は父の生前、すでに自宅購入費として1千万円の支援を受けていた。遺言はなく、次女(52)は「預金は全部自分のものだ」と訴えたが、長女は法定相続分の500万円の相続を主張した。預金はどう配分されるのか。
     ◇
 これまでの裁判例では、預貯金は土地などの財産と異なり、相続人同士が話し合って決める「遺産分割」の対象に含まれない、とされてきた。このため、法律上は長女は主張通りに、遺産分割協議を経ないで法定相続分の500万円を受け取ることができる。……本文:1,963文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月26日(金)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。