ここから本文です

GKブラボのマンC移籍決定、バルサは代役にシレセン獲得

ISM 8月26日(金)11時9分配信

 バルセロナ(スペイン)は現地時間25日(以下現地時間)、GKクラウディオ・ブラボ(33)のマンチェスターC(イングランド)移籍を発表。同時にアヤックス(オランダ)からGKヤスパー・シレセン(27)を獲得したことも発表した。

 ブラボはマンCと4年契約を締結。同チームのペップ・グアルディオラ監督は後方からのビルドアップで貢献できる足元の技術に優れたGKを好み、ブラボはパスに定評があるタイプだ。2010年以来マンCの正GKを務めてきたジョー・ハートは、ブラボの加入によりチームでの居場所を失うものと思われる。

 ハートはプレミアリーグ開幕から2試合出場機会がなく、24日のチャンピオンズリーグ予選プレーオフのステアウア・ブカレスト(ルーマニア)戦で今季公式戦初出場。指揮官からは他クラブへの移籍を容認されている状況だ。

 一方のバルサはブラボの代役に、オランダ代表GKシレセンを5年契約で獲得。同チームでは、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが正GK、シレセンが第2GKを務めるとみられる。(STATS-AP)

最終更新:8月26日(金)11時9分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。