ここから本文です

“悪カワヒロイン”ハーレイ・クイン女優、コスプレファンと対面!初来日に大喜び

シネマトゥデイ 8月26日(金)9時0分配信

 映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日全国公開)のジャパンプレミアが25日に都内で行われ、初来日となった悪カワヒロイン“ハーレイ・クイン”役のマーゴット・ロビーが、会場に集まった約4,200人のファンを熱狂させた。

【写真】悪カワ!ハーレイ・クイン女優が来日!

 ウィル・スミス主演の本作は、バットマンやスーパーマンなど正義のヒーローたちに投獄された史上最強の悪党たちが特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成し、世界崩壊の危機に立ち向かう姿を描いたアクションエンターテイメント。

 個性豊かな悪党たちの中でもダントツ人気のハーレイを演じるマーゴットは、役の“悪カワ”イメージとは180度異なる、胸元が大胆にカットされた大人の色気漂うロングドレス姿でレッドカーペットに登場。記念すべき初来日とあって、集まったファンから口々に名前を呼ばれると、一人ずつ丁寧にサインや握手、写真撮影に応じる優しさを見せた。

 その後、舞台を試写会場に移すと、そこにはハーレイのコスプレイヤーが大勢集まっており、マーゴットはそこでもサービスに徹してファンと共に大はしゃぎ。初来日については「心の底から楽しんでいます。ずっと日本に来たかったんです。ようやく来れました!」と感激を隠せず。また、役づくりについて質問されると、「コミックスの(ハーレイ)ファンがたくさんいるのを知っていたので、皆さんの愛に見合った演技をしなければと思いました」と誠心誠意込めて演じたことを打ち明けた。

 この日は、大スターのウィルやマーゴットと肩を並べて、悪党メンバーのカタナ役でロサンゼルス生まれの福原かれんも登壇。「初めての映画出演ですが、日本のファンがSNSで応援してくれたのでうれしかったです」と喜びをかみしめる福原は、「最初はドキドキハラハラ、ナーバスになっていたけど、とても温かく迎え入れてくれました」とウィルたちの対応を明かしつつ、「スクワッドの一員になれて良かったです」とにっこり。最後に、「ホームタウンだから、日本人が締めた方が良い」とウィルの粋な計らいであいさつを任された福原は、「6か月間、キャスト・スタッフと共に120%頑張って作った映画です。皆さん楽しんでいただけると思うので、『スーサイド・スクワッド』をよろしくお願いします!」と元気良くアピールし、観客の歓声を浴びた。(取材/錦怜那)

最終更新:8月26日(金)9時0分

シネマトゥデイ