ここから本文です

【予告編】60’S、セクシュアル・マイノリティ運動の原点描く『ストーン・ウォール』公開へ

cinemacafe.net 8月26日(金)16時30分配信

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のローランド・エメリッヒ監督が、現在のセクシュアル・マイノリティの社会運動の原点となった事件をベースに描いた『ストーン・ウォール』が、この冬、新宿シネマカリテほかにて公開されることが決定。監督も絶賛する日本版予告編とともに、少年たちの愛を表現した美しいポスタービジュアルも解禁となった。

【画像】『ストーン・ウォール』ポスタービジュアル

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへと単身やってきたダニー。ゲイであることで両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを受け入れたのは、この街で暮らすゲイの少年ギャングを率いるレイだった。彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌い踊りながら、たくましく生きていく仲間を得たダニー。身を寄せ合うように暮らすゲイやレズビアン、ドラァグ・クイーン、政治活動家のトレバーらと出会うが…。

1969年に起きた実際の事件「ストーンウォールの反乱」を描いた本作。当時、存在すらも否定され、行き場のなかったLGBTの若者たちの憩いの場となっていた、N.Y.グリニッジ・ビレッジにあるゲイバー“ストーンウォール・イン”。この地を舞台に、ダニーという青年の目を通し、社会的に認められないことに傷つきながらも、必死で自分の居場所を探そうとする彼らを、史実に基づきながら丁寧に、時に痛烈に描き出す。

自身もゲイをカミングアウトしているエメリッヒ監督が、“ホームレスの40%がセクシャル・マイノリティの若者である”という統計に衝撃を受け、製作を決意したという意欲作であり、監督は「自分自身がゲイだから、すべての疑問に自分が答えられると思った」と明かしている。昨年のトロント国際映画祭でも上映され、話題をさらった。

田舎町から追われるようにN.Y.にやってくるピュアな青年ダニーを演じるのは、スピルバーグ監督の『戦火の馬』に抜擢され、『17歳のエンディングノート』などでも印象深い演技を見せたジェレミー・アーヴァイン。また、ストリートで体を売り、自分と同様の身寄りのないキッズたちをとりまとめるギャングのリーダー、レイを演じたのは、共演者たちもその才能を称賛する新星ジョニー・ボーシャン。

ダニーたちが憧れ、惹かれていくハンサムで聡明な活動家トレバーを、『ベルベット・ゴールドマイン』『マッチポイント』などのジョナサン・リース・マイヤーズがカリスマ性たっぷりに演じ、ゲイバーの経営者でギャングのエドを『ヘルボーイ』『パシフィック・リム』のロン・パールマン、さらに『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などの憂い系男子ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、“第2のクロエ・グレース・モレッツ”と呼ばれるジョーイ・キングなども出演。

今回解禁となった予告は、ダニーたちを取り囲む60年代の状況を赤裸々に描き出し、エメリッヒ監督本人からも「Great!」と太鼓判を得たという。ヒッピーカルチャー、反戦運動や公民権運動の高まりなど、やがて世界に影響を与える時代の空気感も生き生きと再現され、「Venus」「I Say A Little Prayer」など往年のヒットサウンドも当時の様子を彩っていく。また、ビジュアルでは、主人公ダニーを演じた英国男子ジェレミー・アーヴァインとレイ役ジョニー・ボーシャンのやり場のない思いを外に出せない、切ないツーショットが使用されている。


事件の舞台となったゲイバー“ストーンウォール・イン”は、今年6月、オバマ大統領により国定文化遺産保護地域に指定されたばかり。LGBTプライド月間での演説で、大統領は「自由と平等の理想を持続する現実に変えるために、レズビアンとゲイとバイセクシャルとトランスジェンダーのアメリカ国民およびその同盟者たちは、ストーンウォールの客たちから米軍の兵士たちまで、その歴史の次の偉大な章を懸命に書き続けてきた」と発言している。

『ストーン・ウォール』は今冬、新宿シネマカリテほか全国にて公開。

最終更新:8月26日(金)16時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。