ここから本文です

<ベイビーレイズJAPAN>ソフトボール国際大会テーマソングに 「大会を盛り上げます」

まんたんウェブ 8/26(金) 17:00配信

 アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」が、9月に群馬県高崎市で開かれるソフトボールの国際大会「2016 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎」(日本ソフトボール協会、毎日新聞社主催)で、BSジャパンの中継番組のテーマソング「シンデレラじゃいられない」を歌うことになり、25日、取材に応じた。メンバーの傳谷英里香さんは「2020年の東京五輪正式種目に復活をした競技ですし、歴史がある大会でたくさんの方のいろいろな思いがこもっていると思います。テーマソングとしてかかわれて本当に幸せです」といい、ほかのメンバーも「(大会を)盛り上げられるように頑張ります」と意気込みを話した。

【写真特集】グッズを持って決めポーズ! ソロカットも一挙公開 

 同大会は、9月2、3日に、日本、アメリカ、オーストラリア、チャイニーズ・タイペイの4カ国でリーグ戦を行い、同4日に上位2カ国で優勝決定戦、下位2カ国で3位決定戦を行う。

 母親がソフトボール経験者で、ソフトボールの仕事にかかわりたいと願っていたという林愛夏さんは「テーマソングを務めることをお母さんに一番最初に報告し、喜んでくれました」と笑顔を見せた。林さんは同大会で始球式も務める予定で、「母に特訓をしてもらって頑張りたい」といい、目標は「ノーバンです」と宣言した。

 テーマソングについて、メンバーは「選手たちのインタビューをもとに作詞をしていて、曲自体に選手皆さんの声が入っています」と説明。「レコーディングする前に、2008年の北京五輪で女子ソフトボール日本代表が優勝する映像を見て、気持ちを高めてから行いました」といい、「(歌にすることで、私たちが)選手の皆さんに勇気と元気を与えられたら」と目を輝かせた。

 中継番組は、BSジャパンで9月2日深夜0時58分から「日本対チャイニーズ・タイペイ」、同3日午後5時半から「女子ソフトボールJAPAN CUPスペシャル」、午後9時から「日本対アメリカ」、同4日午後7時から優勝決定戦または3位決定戦を放送する。また、テレビ東京では、同10日深夜3時15分から大会総集編を放送する。

最終更新:8/26(金) 18:23

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]