ここから本文です

(アフリカはいま TICAD6)成長大陸、広がる商機 2050年には人口2倍超、25億人に

朝日新聞デジタル 8月26日(金)16時0分配信 (有料記事)

 日本とアフリカ諸国の首脳らが集う第6回アフリカ開発会議(TICAD6)が27、28日にケニアの首都ナイロビで開かれる。アフリカは人口増や経済成長が見込まれ、日本企業の進出も相次ぐ。拡大する消費者市場に狙いを定め、近年は日本食やファッションといった分野にもビジネスが広がっている。

 ■日本からベントー進出
 ナイロビのビジネス街の一角。昼時になると老若男女でごった返す店がある。
 飲食店「テリヤキ・ジャパン」。日本で「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」を経営するトリドール(本社・神戸市)が昨年3月に出店した。
 メニューに並ぶのは「テリヤキチキン弁当」(約500円)、「すき焼き弁当」(約630円)など。……本文:4,210文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月26日(金)16時0分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。