ここから本文です

<リオ五輪>“テレビで話題”1位は内村航平選手 女子トップは福原愛選手  

まんたんウェブ 8/26(金) 17:46配信

 テレビ番組のリサーチやマーケティングを行う調査会社「エム・データ」は、「テレビで話題になったリオ五輪日本選手ランキング」を発表し、男子体操の内村航平選手が1位になった。2位は、同じ男子体操の白井健三選手、3位は女子卓球の福原愛選手だった。

【写真特集】有言実行? 壮行会で内村選手はこんな発言を…

 同ランキングは、リオ五輪の期間中(日本時間の5~21日)にNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の関東エリアで放送されたニュースや情報番組、ワイドショーで日本人選手が話題になった時間を集計し、ランキング化した。

 1位の内村選手は、個人総合と団体で金メダルに輝き、放送時間は32時間10分11秒だった。2位の白井選手は、内村選手とともに出場した団体で金、個人としては跳馬で銅メダルを獲得し、放送時間は25時間31分26秒。福原選手はシングルスで準決勝まで進出し、団体で銅メダルを獲得。放送時間は24時間46分5秒だった。

 そのほか男子競泳の萩野公介選手が24時間11分55秒で4位、女子卓球の石川佳純選手が19時間24分11秒で5位に入っている。

 エム・データは、東京、名古屋、大阪地区のテレビ局で放送された番組やCMを、専門スタッフが実際に見て、テレビ番組やCMをテキスト化・データベース化して「TVメタデータ」を構築している。

最終更新:8/26(金) 21:16

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]