ここから本文です

米国女子代表GKソロ、「臆病者」発言で6カ月の出場停止処分

ISM 8月26日(金)17時9分配信

 リオ五輪女子サッカーでスウェーデンを「臆病者」と批判した米国女子代表GKホープ・ソロに、6カ月の出場停止処分が下った。現地時間25日に英『BBC』が報じている。

 優勝候補の大本命だった米国は、準々決勝でスウェーデンと対戦。1対1で規定時間を終了したのち、PK戦の末に3対4で敗れた。ソロは試合後、「私たちは勇敢に戦ったと思う。相手は臆病者の集団だった」とコメント。「スウェーデンは戦いを止めた。オープンにプレーしようとせず、パスも出したがらなかった。最高のサッカーをしようとしていなかった」とも述べており、批判を受けていた。

 これを受け、USSF(アメリカサッカー連盟)はソロに代表戦6カ月の出場停止処分を科した。スニル・グラティ会長は「受け入れることのできない発言」と述べており、ソロは来年2月まで代表戦のゴールマウスに立つことができなくなった。

 ソロはこの決定に「悲しく思う」とコメント。自身のFacebook上に「たとえ最良の選択をせず、正しいことを言わなかったとしても、私が今の私でなければ、選手としてプレーしてはいない」と綴っている。

最終更新:8月26日(金)17時10分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。