ここから本文です

青木瀬令奈が流れを変えるべく身に付けた“プロ初”のモノ

ゴルフ情報ALBA.Net 8月26日(金)20時4分配信

<ニトリレディス 2日目◇26日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

ニトリレディス、2日目の特選フォトギャラリー

 今季「サントリーレディス」で2位に入るなど、シード初年度とは思えない活躍を見せている青木瀬令奈。すでに来季のシード獲得に確定のランプを灯しているが、今の課題は“流れをどうやって作るか”だという。

 今季の青木は過去最高のシーズンを過ごしているが、「センチュリー21レディス」は5位から16位に、「大東建託・いい部屋ネットレディス」では首位タイから16位に後退するなど、“流れが悪い日”に大きく順位を落とす傾向が良く見られる。

 自身もそのことは自覚しており、米国の精神科医でフィル・ミケルソン(米国)のメンタルコーチでもあるマイケル・ラードン博士が著した『Mastering Golf’s Mental Game』の翻訳本『ゴルフ メンタルゲームに勝つ方法』を書き写すなどスポーツ心理学を勉強している最中。

 その他にも「リオデジャネイロ五輪ゴルフ女子」を観て、調子が悪そうな選手を見つけたら、「流れが悪い人は他の人にこう見えているのかと客観的に見たり。私ならどうするか、と考えました」と自分に置き換えるなど、ひたすらに流れという目に見えないものを可視化しようとアンテナを立てている。

 今日は昨日からの悪いリズムを変えようと「プロになってから初」というキャップでティオフ。4番でナイスパーを拾うと、続く5番から3連続バーディ。引き寄せた流れに一気に乗り、今日のベストスコア“67”を叩きだして2位タイに浮上した。

 だが、まだ流れを作る“何か”は完全には見つかっていない。「今は感覚的なもの、論理的なもの含めていろいろ試してます。日々勉強ですね。明日からも頑張ります」。その“何か”が見えたとき、初優勝に手が届くだろう。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月26日(金)20時4分

ゴルフ情報ALBA.Net