ここから本文です

キム・ハヌルが5位に浮上!最終ホールでは“フライング”でガッツポーズ

ゴルフ情報ALBA.Net 8月26日(金)20時48分配信

<ニトリレディス 2日目◇26日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

ミニスカクイーン!?ハヌルの特選フォトギャラリー

 北海道の小樽カントリー倶楽部を舞台に開催中の「ニトリレディス」2日目。1オーバーの29位タイから出たキム・ハヌル(韓国)が、スコアを3つ伸ばし5位タイに浮上。今季2勝目へ、好位置で決勝ラウンドに進んだ。

 ハヌルは「ショットの調子が良かった」と前半で3バーディを奪うと、後半は「徐々に良くなってきた」というパターを武器にパーを並べる。そして迎えた18番では18mとかなり距離のあるパットをねじ込みバーディフィニッシュ。「あまりにイメージ通り打てたので…」と思わずカップに収まる前に両手を上げてしまう“フライング”ガッツポーズで18ホールを締めくくった。

 「最後のバーディで明日以降に良い流れがきそうですね。今日の感覚を忘れないようにしたい。2勝目が欲しいです」とハヌル。話し終えるとと練習グリーンへと向かっていった。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月26日(金)20時48分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。