ここから本文です

ボッシュ、日本初のサービスセンター開設…eCallの提供を開始

レスポンス 8月26日(金)13時30分配信

ボッシュは8月25日、日本初となるサービスセンターを埼玉県志木事務所に開設すると発表した。

新サービスセンターは、2016年末から業務を開始する。日本で提供する最初のサービスは緊急通報サービスのeCall。続いて、コンシェルジュサービスや盗難車両追跡、故障時の支援要請コールなど、そのほかのモビリティサービスの導入も計画している。

eCallは、重大事故発生時に自動的に作動し、24時間体制で稼働するサービスセンターに緊急通報。通報を受けると、サービスセンターのオペレーターがドライバーに連絡を取り、必要に応じて救急サービスと連携し、事故現場にレスキューチームの派遣を依頼する。

コンシェルジュサービスは、ドライバーに実用的な情報を提供するサービス。ドライバーがボタンを押すだけで、コンシェルジュがルートや迂回路についての情報を提供したり、ホテルやレストランの予約を代行する。

盗難車両追跡サービスは、盗難に遭った車両を取り戻すことを支援するサービス。ドライバーから連絡を受けたボッシュのオペレーターがGPSなどから盗難車両の現在位置を突き止め、警察またはその他の機関に通報する。

故障支援要請コールは、車両が路上または自宅で故障し、身動きが取れなくなったときに支援を提供するサービス。代車や代わりの移動手段の手配なども行う。

ボッシュは現在、世界25か所の拠点で7000人の従業員が、30を超える言語を駆使して、モビリティサービスを提供。アジア太平洋地域では中国、インド、フィリピン、ベトナムで合計6か所の拠点を運営している。今回の日本初の拠点開設により、アジア太平洋地域での事業活動を広げ、国際的なネットワークをさらに強化していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月26日(金)13時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]