ここから本文です

JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

レスポンス 8月26日(金)13時45分配信

JR東海は8月25日、高山本線の高山駅(岐阜県高山市)で進めてきた橋上化工事について、10月2日の初発から橋上駅舎と自由通路の使用を開始すると発表した。

[関連写真]

発表によると、橋上駅舎の面積は約1900平方m。車椅子に対応したエレベーターを上り線ホームと下り線ホームに1基ずつ設置する。エスカレーターも上下線ホームに各1基設置され、改札内には多機能トイレを設ける。

自由通路は長さが約120m、幅が6mで、車椅子対応エレベーターとエスカレーターを東口と西口に1基ずつ設置。エスカレーターも東西両口に各2基設置する。このほか、東口には多機能トイレを設ける。

高山市によると、「匠通り」という愛称が付けられる自由通路では、山車(祭屋台)を題材にした展示物の製作や展示ボックスの設置を行い、「高山らしさ」を表現。実物大の祭屋台を部分的に製作して展示する。実際に使われていた祭屋台の部品なども展示するという。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8月26日(金)13時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]