ここから本文です

ロッテナンバー2 遺書に「辛東彬会長は立派な人」

聯合ニュース 8月26日(金)11時15分配信

【ソウル、楊平聯合ニュース】韓国ロッテグループのナンバー2で辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長の最側近である李仁源(イ・インウォン)政策本部長(副会長)が、「辛東彬会長は立派な人だ」などと書き残し自殺した。

 李氏は首をつって死亡したとみられる。26日朝、ソウル近郊の京畿道・楊平で遺体が見つかり、近くに止まっていた李氏の車からは遺書が発見された。

 当局によると、遺書はA4用紙4枚で、家族とロッテグループの役員ら宛てだった。家族には持病の看病の労をねぎらい、「先にいってすまない」と書き残した。ロッテグループの役員らには「このように大変な時期に先にいってすまない。辛東彬会長は立派な人だ」と、辛会長への忠誠心をにじませた。

 検察の捜査に対し不満をあらわす内容はなかった。

 李氏はロッテグループのコントロールタワーの役割を担う政策本部のトップ。創業家の事情に通じており、グループ傘下企業の経営も総括していた。

 グループの不正資金疑惑に絡み、李氏は横領・背任などの疑いでこの日午前9時半からソウル中央地検で取り調べを受けることになっていた。

最終更新:8月26日(金)11時27分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。