ここから本文です

【インタビュー】声優・島崎信長、“そこに生きている”ことに集中できた『君の名は。』の現場

cinemacafe.net 8月26日(金)20時0分配信

エンドロールが流れるなか感じた、胸がしめつけられるような切なさ。そして、自分のこれまでの人生において、そういった類いの切なさが果たしてあっただろうか? と、つい柄にもなく思い返してしまうこの気持ち──『君の名は。』にはなぜ、こうもリアルに自分ごととして入り込んでしまう力があるのだろうか。

【写真】島崎信長/『君の名は。』インタビュー

「今回俳優さんたちとご一緒させていただきましたが、基本的にやることは普段の声のお芝居の現場とあまり変わらなかったので、そんなに戸惑うことはなかったですね。作品の世界観に適合するお芝居をするために、主演の神木さんをはじめ、みなさんが作り上げる空気感に正面から向き合って、同じ場所に立とうとしたら自然とお芝居が出てきたのかなあと思います。でも、普段よりも“同じ場所に立つ”ということはよく考えました」。

こう語るのは、神木隆之介演じる立花瀧の友人・藤井司役の島崎信長だ。メインキャストに俳優陣が並ぶ『君の名は。』だが、加えて、島崎信長、石川界人、悠木碧といった、アニメの第一線で活躍している実力派若手声優ががっちりと脇を固めているのも見どころである。なかでも島崎さんの演じる司は、物語が核心へ迫っていく重要なシーンをはじめ、多くの場面に登場する役どころだ。

普段は演じるフィールドが異なる俳優と声優が、声の芝居で掛け合いをする際に、現場ではどのような化学反応が起こるのだろうか。島崎さんに尋ねてみたが、“俳優と声優が掛け合う”ということよりもむしろ重要なのは、“新海誠監督の作品を演じる”という部分にあったようだ。

「“同じ場所に立つ”というのは…新海監督の作品って、地に足がついているというか、現実に近い感覚のリアリティーがあるように思うんです。そのうえで、アニメにしかできないことや、アニメにおけるファンタジーみたいなものも織り交ぜている。そういったなかで、僕は主人公・瀧くんの同級生というキャラクターで、しかもよく絡む役どころだったから、普段のやり方や常識に囚われすぎると…実際の現実に近い世界観のなかで、急にファンタジーからやってきた人になってしまうかもしれない。だから僕は、『君の名は。』という作品のなかで、同じ世界に住んでいる、同級生で距離感も近い、対等な立場の人間なんだっていうところを、観ていただいた方にきちんと違和感なく伝える必要がある。そういう意味では、ちょっと気は遣ったかもしれませんね」。

「新海監督が描くリアリティーを、アニメーションに乗せて違和感なく伝える」というのは、デフォルメされた世界を演じることの多い声優という職業柄、なかなか難しいことのように思えるが、『君の名は。』という作品においては絵の持つ力が大きいため、自然と芝居が引き出されていったと島崎さんは語る。

「なにより、絵がものすごく芝居をしてくれているのが大きいですね。キャラクターの表情や動きで十分伝わっているから、説明を盛るような芝居をする必要がない。そこに生きている人間の生のリアクションとして、突き詰めて考えることができるんですね。その場でのやりとりに集中できるんです。神木さんが演じる瀧がいて、彼と会話する司としての僕がいて。瀧に話しかけられて、反応する。もうちょっとこの感情を盛ったほうがいいかな? とか、伝えやすくしたほうがいいかな? とか、そういうのを加味せずに、純粋にそこに生きている司という人間が、実際にこう話しかけられたらこう返事するだろうなってところに集中できました。盛る部分や伝える部分は、絵や演出にお任せできる環境だったから、本当にその場に行って会話してきた感じです。そこでの会話や、“そこに生きている”ことに集中できたのが大きいんじゃないかなあ」。

島崎さんが“そこに生きている”ことに集中できたのは、絵の力に加えて、俳優・神木隆之介の力も大きかっただろう。まさに“そこに生きている”ことを演じるプロフェッショナルともいえる神木さんとの掛け合いは、島崎さんにとっても刺激的な体験だったようだ。

「声で演じるお仕事のときって、なんとなくのお約束や型みたいのがあって。もちろんそれは紛うことなき必要な技術で、とっても素敵なことなんですけど、『君の名は。』に関しては、神木さんがそういうものに良い意味で染まっていない、等身大のお芝居をされていました。イメージとしては、アニメーションだけど…それこそ日本人が演じている実写映画の声をあてる、と言っても違和感がないくらい、現実世界に近いリアリティーに寄せているんだろうなって思いました。だから神木さんとの会話は、本当に等身大でぶつけてくれるからやりやすかったですし、気持ちがよかったですね」。



楽しそうに語る島崎さんの話を聞いて、冒頭に挙げたような、リアルに自分ごととして『君の名は。』の世界に入り込んでしまうような感情をなぜ自分は抱いたのか、分かったような気がした。演者たちの、キャラクターがその場に息づいているような芝居で表現されるリアリティーの上に、新海監督が創造する魅力的なファンタジーが乗り、観客はその生き生きと描かれる物語に共感し、心を動かされるのだろう。

「もう“観てください!”ってことが一番ですね。観て、聞いて、絶対に伝わる作品になっていると思います。さらに言えば…解釈の余地がある作品だから、観た方によって、観た年代によって、観た性別によって、もしかしたら感想も解釈も変わってきたりするかも

しれません。全部が全部説明しているわけではないし、想像する余地や、考える余地がある作品なんで。ぜひご覧いただいて、自分が感じた感想とか、自分が思った解釈を、大事にしてほしいなあって伝えたいです。それは、あなただけの感想だし、あなたの感性で得た、あなただけのかけがえのない感情だと思うので。だから、最初は変に構えずにフラットな気持ちで観ていただいて、そこからいろんな人と話してみたり、視点を変えてもう一度観てみたり、いろんな楽しみ方をしてもらえたらいいんじゃないかなあって思います」。

ところで、インタビューのなかで島崎さんが最も破顔したのが、新海監督について語ったときだった。そこには、芝居や作品について語った際の適度な緊張感はなく、穏やかな表情を浮かべ、とても嬉しそうに話してくれる島崎さんの姿があった。

「新海監督は、とっても優しくて…成人男性に使う言葉かどうかわからないんですけど、ちょっと可愛らしいくらい(笑)。あと、作品にも通じる温かみをすごく感じるような素敵な方でしたね。やっぱり、すごい作品をたくさん作られている方だし、ちょっとだけ…初めてお仕事するにあたって身構えてしまう部分とか、覚悟を決めて挑むみたいな気持ちがあったんですけど、“そんなもの必要ないよ”と言わんばかりに、すごく気さくに、柔らかく接していただきました。でも、ものづくりに対する情熱はやっぱりすごいものがありましたし、なにより、楽しんで作ってらっしゃるんだなあって感じました。仕事をご一緒すると“新海監督と一緒に、もっといいものを作りたい、もっと楽しいものを作りたい”ってたぶん…みんなが思うような、そんな方なんじゃないかなあ。だからすごい作品がたくさん作られてきたんだなあって納得させられるような、そんな方でしたね」。

さらに島崎さんは、「これ言っていいかわからないんですけど」と前置きしつつ、新海監督の人柄を表すような、とっておきのエピソードも教えてくれた。

「僕が主演していた『寄生獣 セイの格率』をご覧になっていたみたいで、“いやあ、信長さんの声好きなんですよ”って直接言われて、すごくビックリしました(笑)。監督に直接“声好きなんですよ”って言われることなんて、なかなかないじゃないですか。それを普通に、改まることもなく素直に伝えてくださる。たぶん、お人柄が成せる技というか…僕はとても嬉しかったけど(笑)、恐縮でもあり、ビックリもしましたね(笑)。とっても素直で、凝り固まったものとか、固定概念とかがないんだろうなって。柔軟な方だと思いました」。

まさにその新海誠監督の伸びやかさが随所に散りばめられている最新作『君の名は。』。ストーリーはもちろん、“そこに生きている”キャストたちの芝居にも注目してほしい。

最終更新:8月26日(金)20時0分

cinemacafe.net