ここから本文です

クズかわいい声優のお仕事物語「ガーリッシュ ナンバー」キービジュなど公開

コミックナタリー 8月26日(金)12時1分配信

渡航原作・QP:flapperキャラクター原案によるテレビアニメ「ガーリッシュ ナンバー」のキービジュアル、キャラクター情報、主題歌情報が公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

キャラクター情報が明らかになったのは主人公で見た目はかわいいが性格がクズな新人声優・烏丸千歳、その友人であざとさが一部の女性から嫌われている久我山八重、千歳と同じ事務所の売れない声優・片倉京、業界の大物を両親に持つアイドル声優ミュージシャン・苑生百花、売れっ子声優だが役者への憧れが強く、ラノベアニメ仕事などに不満を持つ柴崎万葉、見た目も中身もチャラいプロデューサーの九頭P、千歳の兄でマネージャーを務める烏丸悟浄。

またオープニング「Bloom」、エンディング「今は短し夢見よ乙女」は、ともに劇中ユニットであるガーリッシュナンバーが担当。ガーリッシュナンバーは千本木彩花演じる千歳、本渡楓演じる八重、石川由依演じる京、鈴木絵理演じる百花、大西沙織演じる万葉の5人組だ。

「ガーリッシュ ナンバー」は世を舐めきった新人声優・千歳が、生き残りの大変な業界でアフレコや人脈作りなどに低めのモチベーションで挑むお仕事ストーリー。見た目に自信があった千歳はトントン拍子に人気者となることを夢見ていたが、ほとんど仕事の来ないシビアな現実に直面する。渡航が自ら執筆する小説版は電撃G’sマガジン、堂本裕貴が描くマンガ版は電撃G’sコミック(ともにKADOKAWA)にて連載中で、アニメ版の前日譚が描かれている。アニメは10月6日24時28分からTBSで放送開始、サンテレビとBS-TBSでも10月スタート予定。

最終更新:8月26日(金)12時1分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。