ここから本文です

<HiGH&LOW>第2弾映画主題歌で豪華コラボ TAKAHIRO&登坂のツインボーカルも

まんたんウェブ 8月27日(土)5時0分配信

 「EXILE TRIBE」によるプロジェクト「HiGH&LOW」の映画第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」(山口雄大監督、10月8日公開)の主題歌に、EXILEのTAKAHIROさんやロックバンド「GLAY」のHISASHIさんによるユニット「ACE OF SPADES」と、音楽ユニット「m-flo」のVERBALさんらが結成したチーム「PKCZ」のコラボ曲「TIME FLIES」に決まったことが27日、分かった。同曲には「三代目 J Soul Brothers」の登坂広臣さんも参加。映画のメインキャストを務める“雨宮兄弟”の次男・雅貴を演じるTAKAHIROさんと三男・広斗を演じる登坂さんのツインボーカルが実現している。

【写真特集】追加キャストに岩城滉一、飯島直子 岩田剛典の新ビジュアルも!

 今回の豪華コラボは、TAKAHIROさんが「この作品に僕らだからこそ実現可能な“新しさ”や“エンタテインメント性”をどのように持たせるか」と考えていた時に、EXILEのHIROさんから「ACE OF SPADESとPKCZ、そして登坂でコラボレーションしてみてはどうか」とアドバイスを受けたことから実現。TAKAHIROさんは「レコーディングでは登坂と刺激の交換をし合いながら臨み、アーティストとしてすごく充実した時間を過ごすことができました」と振り返っている。

 また楽曲は「ロックサウンドとダンスビートの融合を体現した、斬新でスタイリッシュなデジタルロック」に仕上がっているといい、TAKAHIROさんは「PKCZ、AOS、登坂といったそれぞれの個性も感じられつつ、さらにこのコラボレーションならではの個性も感じられるという、非常に多様な表情を持つ作品。いろいろな意味で、“新しさ”というものを感じていただけると思います」とも明かしている。

 「HiGH&LOW」は、ドラマや映画、マンガ、ライブなどが連動したプロジェクトで、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドをかけた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いている。

 「THE RED RAIN」は、かつてSWORD地区一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び最強と称された雨宮雅貴(TAKAHIROさん)と雨宮広斗(登坂広臣さん)の雨宮兄弟。彼らは1年前に姿を消した兄・尊龍(斎藤工さん)を探し続けている。両親の命日に消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった。尊龍はなぜ姿を消したのか、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明かされる……というストーリー。

 主題歌に合わせて追加キャストも発表。石黒賢さん、岩城滉一さん、飯島直子さんの出演も決定している。

最終更新:8月27日(土)5時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。