ここから本文です

【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、市販の可能性も

レスポンス 8月26日(金)15時45分配信

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックが8月18日、米国カリフォルニア州で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で初公開した『エスカーラ コンセプト』。キャデラックのトップは、同車の市販化も視野に入れている。

画像:キャデラック エスカーラ コンセプト

これは、キャデラックのヨハン・デ・ナイシェン社長が明らかにしたもの。同社長は、「ラグジュアリーセダンセグメントが拡大していけば、キャデラックが現在計画している製品モデルのラインナップに、『エスカーラ』が追加されることも充分あり得る」と語った。

エスカーラ コンセプトのボディサイズは、全長5347mm、全幅1948mm、全高1455mm、ホイールベース3228mm。現行キャデラックの最上級セダン、『CT6』よりも約160mm長い堂々の大きさ。

キャデラックはここ数年、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスで新たなコンセプトカーを初公開してきた。2011年が『シエル コンバーチブル』、2013年が『エルミラージ クーペ』。そして、今年のエスカーラと、いずれも大型車であることから、キャデラックが往年のフルサイズ車の復活を検討している可能性もある。

ヨハン・デ・ナイシェン社長は、「エスカーラは、2つの明確な目的を持ったコンセプトモデル。第1の目的は、キャデラック デザインの新たな方向性と、今後のキャデラックに搭載すべく現在開発しているテクノロジーを明確に示すこと。そして、第2の目的はキャデラックのラグジュアリーな世界観を確立し、プレミアムセグメントの頂点に再び戻る指標となること」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月26日(金)15時45分

レスポンス