ここから本文です

「新海 誠Walker」本日発売、神木隆之介が新海作品語る企画や短編マンガ掲載

映画ナタリー 8月26日(金)12時51分配信

新海誠の歩みをたどる書籍「新海 誠Walker」が、本日8月26日に発売された。

本書では、新海と最新作「君の名は。」に声の出演をした神木隆之介、上白石萌音の鼎談を筆頭に、新海と音楽を手がけたRADWIMPS野田洋次郎、桑原彰、武田祐介による座談会、キャラクターデザインを担当した田中将賀のインタビューなどバラエティ豊かな企画を展開。

【この記事の関連画像をもっと見る】

そのほか新海のファンである神木が過去作から最新作までを語る「神木隆之介が旅する新海誠の世界」や、「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」といった過去作の設定資料と絵コンテ、背景美術のビジュアル、「雲のむこう、約束の場所」の原案になった短編マンガ「塔のむこう」なども掲載される。

最終更新:8月26日(金)12時51分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。