ここから本文です

「門限19時」などの干渉を語る agehaモデル・ほずみさんが結婚から半年で離婚

ねとらぼ 8月26日(金)10時28分配信

 ファッション誌「小悪魔ageha」などでモデルとして活動するほずみさんが8月22日、ブログを更新しました。内容は元ホストの夫との離婚が決まったという報告。「門限19時」「男友達のラインの消去」など、結婚に際して結んだ厳しい“約束事”や、夫にDV癖があったことを告白する記述などが見られます。

【画像】ほずみさん

 ほずみさんはまず、夫と結んだ約束について述べています。「門限19時 男友達のラインの消去 携帯を触る時間 女友達との遊べる時間 女友達との遊ぶ人の指定 遊ぶときは彼も一緒 実家に彼と一緒ではないと帰れない 連絡は常にすぐ返す 電話を一回で出る など他にもたくさんありますが、要するに干渉されすぎてたのでしょうか」と、正直これだけもかなり真顔になる内容ですが、仕事と家庭の両立を目指すほずみさんは、慣れない早起きや弁当作り、夕飯作りをきちんとできるよう、努力してきたそうです。

 離婚に至った決定打については「(夫が)言葉遣いや気遣いができていないのと 相手を思いやる気持ちがなかったのかな」と語っています。ほずみさんが指摘して夫が直すと約束した部分が改善されるのを辛抱強く待ったそうですが、結局直らず、何度もけんかし、ほずみさんは2回実家に帰ったそうです。3回目は夫が「別居するんだったら離婚がいい」と伝え、離婚届を提出することに。ほずみさんは離婚届の項目に記入し、夫に提出を任せたそうですが、「なくしたといって出してもらえず 別れたくない、悪いとこなおすから」と言われ、「そしてお互い話してまた戻ることになったりの繰り返し」になってしまったと述べています。

 続く文章でほずみさんは、「彼には昔からDVがあり 怖かったこともあり、あまり強く言えなかった ホントの気持ちを言えなかった」と告白しています。

彼と付き合って1年半年 結婚して半年 すごい貴重な時間でした。彼にはすごく感謝してます。と、言いたいのですが 本音ではないので言いません。いい経験をしてもらったなとは思ってます。これからこのようなことにならないように 学べたことがたくさんあったので ちゃんとしていきたいと思います(ほずみさん/公式ブログの記事から引用)

最終更新:8月27日(土)11時46分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。