ここから本文です

高畑淳子に追い打ちショック…好評ドラマのシリーズ化は絶望的

東スポWeb 8月26日(金)16時32分配信

 女優の高畑淳子(61)が出演し、25日に終了したドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)のシリーズ化が、息子の俳優・高畑裕太容疑者(22)が逮捕された強姦致傷事件の影響で白紙になるという。

「主演した高島礼子の前夫で元俳優の高知東生が薬物事件で逮捕されたのに続いて、高畑の息子ですからね。警察ドラマの中心女優2人の身内が逮捕されてはシャレにならない。好評だったので今後もシリーズ化されるはずだったのですが、白紙になりました」(ドラマ関係者)

 同ドラマは昨年12月に「土曜ワイド劇場」枠で「女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議~」として放送され、12・4%の高視聴率を取ったことで「木曜ミステリードラマ」枠に昇格した。

「高島礼子、高畑淳子、宮崎美子の3人が井戸端会議で事件を解決するという内容ですが、京都で撮影している最中に高知が逮捕され、一時は放送延期も検討されたが、テレ朝は予定通り、放送した」(同関係者)

 視聴率は初回11・6%を記録したが、その後、下がり続け、第4話は4・9%まで急落した。

「高島はドラマの放送期間中に離婚したが、低視聴率は高知の事件の影響でしょう。5話目で6・1%に回復したので、シリーズ化にいちるの望みを残してたんです」(同関係者)

 名脇役女優に事件が暗い影を落としそうだ。

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:8月26日(金)16時53分

東スポWeb