ここから本文です

元乃木坂・市來玲奈「人生初のカンチョー」に大コーフン

東スポWeb 8月26日(金)18時54分配信

 元乃木坂46の市來玲奈(20)が26日、都内で主演映画「さざ波ラプソディー」(今秋公開予定)の舞台あいさつに立った。

 市來は才色兼備の早大生ながら気さくな性格。コメディータッチの作品で好演が光った。「小さな男の子にカンチョーされるシーンがあり、自分の殻を破った。人生初のカンチョー。生まれ変わった新しい私を見てほしい。打倒、生駒(里奈)!」とジョークでアピールした。

 乃木坂を卒業し成人を迎えた。そろそろ恋愛も解禁かと思いきや「恋愛は苦手というか縁がなくて…」と、あまり興味がない様子だった。

 一方で「有吉さんの記事は本当ですか?」と、お笑い芸人・有吉弘行(42)とフリーアナウンサーの夏目三久(32)の“デキちゃった婚”を報じたメディアの記者に“逆取材”するなど、芸能ゴシップには興味津々。明るいキャラで周囲を和ませた。

 会見には漫画家の浜田ブリトニー(年齢非公表)も出席。「最近、ちょこちょこパコってるんだけど、そろそろ真剣に婚活しようと思っている。でも、つり合う男性がいなくて。経済的なことは大事だから、年収1億円くらいはないと」などとぜいたくなグチをこぼしていた。

最終更新:8月26日(金)18時54分

東スポWeb