ここから本文です

橋本マナミ 高畑容疑者との連絡先の交換否定「遠くから見ている感じ」

東スポWeb 8月26日(金)19時42分配信

 女優の橋本マナミ(32)が26日、横浜スタジアムで行われたDeNA―巨人戦で始球式に登場。“登板”後、強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)について語った。

 高畑容疑者が橋本への好意をテレビ番組などで公言していたことについて、橋本は「テレビとかで“橋本さんが好き”っておっしゃってくれていたんですけど、実際にお会いする機会っていうのは数回しかなかった」とコメント。顔を合わせた時も「“好きなんです”っていうのは言ってくださっていたんですけど、強引にくるわけでもなく遠くから見ている感じ。なんか恥ずかしくてって感じだった」と話した。

 また、高畑容疑者の印象も「私的には普通の若い男の子」と語った。

 共演者などから距離感が近いとの指摘には「それは感じなかった。すごく近くにいられるとかでもなかった」と否定。その上で「(連絡先の交換は)全くないです」ときっぱり断言した。さらに橋本が「ツイッターもフォローし合っているとダイレクトメールとか…」と話したところで関係者が「今日のイベントと関係ないので」と制止。ツイッターをフォローし合っているものの、直接メールでのやりとりをしていないことを主張しようとした橋本の言葉の途中で、高畑容疑者の話題は打ち切りとなった。

最終更新:8月26日(金)19時42分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。