ここから本文です

チェ・ミンシクと大杉漣が共演、虎と人間の死闘描く韓国映画の予告編公開

映画ナタリー 8月26日(金)16時0分配信

チェ・ミンシクと大杉漣が共演する韓国映画「隻眼の虎」のチラシビジュアルと場面写真が解禁され、あわせて予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「新しき世界」でもチェ・ミンシクとタッグを組んだパク・フンジョンが監督を務めた「隻眼の虎」は、巨大な虎と人間の死闘を描く作品。チェ・ミンシクが銃を捨てた“伝説の猟師”を、大杉が日本軍の高官を演じる。ほか出演者には「息もできない」のチョン・マンシク、「海にかかる霧」のキム・サンホ、「西部戦線1953」のチョン・ソグォンらが並ぶ。

約1分半の予告編には、たいまつを持った猟師たちが舞台となる智異山を探索する様子、巨大な虎の姿などを収録。“伝説の猟師”チョン・マンドクが、捨てたはずの銃を手に取り壮絶な戦いに身を投じていくさまも映し出される。

「隻眼の虎」は、上映企画「ワールド・エクストリーム・シネマ2016」の1本として、10月1日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてスクリーンにかけられる。



(c)2015 [NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SANAI PICTURES] All Rights Reserved.

最終更新:8月26日(金)16時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。