ここから本文です

新海誠「君の名は。」に栗山千明がキュンキュン、ビデオパスで対談記事公開

映画ナタリー 8月26日(金)17時0分配信

新海誠が監督を務める劇場アニメ「君の名は。」が本日8月26日に封切られた。それにあわせ、auの動画配信サービス・ビデオパスのPRサイトにて新海とアニメ好きとして知られる女優・栗山千明との対談記事が公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

劇場公開前に「君の名は。」を観たという栗山は「映像も本当にきれいで、出てくる登場人物がみんなすごく純粋で、観ていてキュンキュンきました」とコメント。男女が入れ替わるというストーリーに対して新海が「入れ替わりからスタートするけど、その先は全然別の出口を目指さなければと考えていた」と述べると、栗山は「その出口を観て、涙が出ると思ってなかったのに泣いちゃって。寂しいとか、悲しいとかそういう単純な感情ではなく涙が流れたのは久しぶりでした」と述懐する。

自身も声優経験がある栗山は同作で主人公の立花瀧に声を当てている神木隆之介を「瀧の声を聴いて、神木くんって気付かなかったです。一言目から神木くんの声というよりキャラクターの声で。違和感がなくて」と絶賛。また新海は「アニメーションのキャラクターって、作品のために生まれてきたものだから、よくも悪くもすごくピュアなんですよ。物語やメッセージを伝える手段としてはすごく性能がいい。不純さを感じさせず、まっすぐにメッセージや感情を伝えることができるから」とアニメーションの力についても言及していく。

ビデオパスでは現在、新海が監督を務めた「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」「星を追う子ども」「言の葉の庭」を配信中。記事では栗山が新海の過去作についても感想を述べているほか、新海が作り手としての思いを明かしている。



(c)2016「君の名は。」製作委員会

最終更新:8月26日(金)17時0分

映画ナタリー