ここから本文です

オスラム、照明事業を中国コンソーシアムに売却

EE Times Japan 8月26日(金)18時11分配信

中国系コンソーシアムが買収

 戦略的投資家のIDG、中国の照明企業であるMLS、金融投資家のYiwuが参加する中国のコンソーシアムが、Osram(オスラム)の一般照明事業を約4億ユーロ(約450億円)で買収する。同事業は、2016年7月から「Ledvance」(レドバンス)という子会社として展開されてきた。

 同コンソーシアムは現金取引以外にも、Osramに対して商標ライセンス契約のロイヤルティーを追加で支払うようになる。両者は、今回の買収により大幅に拡大したセールスや流通ネットワーク、ソーシングへの相乗効果から利益を得ることを期待している。

 照明企業のMLSは、中国のLEDベースの消費者製品分野のトップ企業の1つである。同社は今回の買収を通じて、世界照明市場での地位を大幅に高めることを望んでいる。一方、Ledvanceは、中国の成長市場へのアクセスを強化できる見込みだ。

 Osramとの協定を基に、Ledvanceは製品レベルでは「Osram」と「Sylvania」というブランド名を引き続き使用する。IP(Intellectual Property)は、同コンソーシアムとLedvanceが世界規模のイノベーションと製品開発を推進し続けられるように明確に配分される。

 Osram Lichtの監査役会のバイスチェアマンで、ドイツ・バイエルン州にある労働組合「IG Metall」の議長でもあるMichael Knuth氏は、「この買収はLedvanceの従業員にとって良いニュースだ。コンソーシアムは、労使協議会やIG Metallとの既存の取り決めを維持する方針である。Ledvanceのグローバル本社はドイツのガルヒングにとどまる」と述べた。

 Osramは引き続き、LedvanceにLEDチップを供給する戦略的パートナーでありたいと語った。OsramとMLSは戦略的な供給協定で合意している。これにより、MLSはOsramからLEDチップを調達するようになる。

 Osramが供給するLEDチップは、マレーシアのクリムに建設される新たな施設で製造されるという。

 今回の買収でOsramの事業規模は大きく縮小されることになるが、再び半導体に注力できるようになる。2015年度のOsramの売上高のうち、約40%(およそ20億ユーロに相当)が一般照明事業で占められていた。

最終更新:8月26日(金)18時11分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]