ここから本文です

バットマンと宿敵ジョーカーがレゴの世界で激突!

Movie Walker 8/26(金) 17:00配信

レゴブロックで構築された世界を舞台に、“選ばれし者”と勘違いされ、世界を救うことになった主人公・エメットの冒険を描き、好評を得た 『LEGO(R) ムービー 』(14)。同作でヒーロー軍団を率いていたバットマンが主人公となって描かれる、新たな物語『レゴバットマン ザ・ムービー』の日本での公開日が2017年4月1日(土)に決定!

本作の舞台となるゴッサム・シティでは大きな変化が起ころうとしていた。悪役ジョーカーが街の乗っ取り計画を実行したのだ。街を救うためにバットマンは1人での自警団をやめ、他のヒーローたちと協力して戦わなければならず、孤独な男は選択を迫られるのだった。

前作に引き続き監督を務めるクリス・マッケイは「バットマンは『LEGO(R) ムービー』でも主要登場人物の1人でした。作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、本編でも『これは映画になるぞ』とバットマンが10回くらい言っているし、このチャンスを使って作り手たちを追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったのさ」とジョークを交じえて語っている。

さらにバットマンの声を担当するウィル・アーネットは「バットマンは孤独な男だから、頼りは自分しかいない。だから多くの葛藤を抱えている。これは監督と話していたことなのだけど、この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある」と作品に込められたテーマについて明かした。

『レゴバットマン ザ・ムービー』にはオルカ、ドクター・フォスフォラス、カブキ・ツインズなど、「バットマン」シリーズのキャラクターたちが数多く登場する予定となっており、ファンも納得の内容になりそうだ!【Movie Walker】

最終更新:8/26(金) 17:00

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]