ここから本文です

欧州最大の家電見本市「IFA」 来月2日開幕

聯合ニュース 8月26日(金)20時50分配信

【ソウル聯合ニュース】欧州最大の家電見本市「IFA」が来月2~7日にドイツ・ベルリンの展示場、メッセ・ベルリンで開催される。

 開催者側は今年のIFAについて、モノのインターネット(IoT)、ハイダイナミックレンジ(HDR)、4K、バーチャルリアリティー(VR、仮想現実)、3Dスキャナー、スマートネットワークなどが主なテーマになるだろうと説明した。

 家電やIT、自動車などのグローバル企業が参加し、先端技術を披露する同見本市ではドイツ完成車メーカー、ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長が、自動車業界の関係者として初めて基調演説を行う。

 今年はドイツのシーメンス、オランダのフィリップス、スウェーデンのエレクトロラックス、英国のダイソン、イタリアのデロンギ、日本のソニー、パナソニック、シャープ、台湾のエイサー、中国のハイアール、ZTEなどが参加する。

 業種の壁を超え、融合が進む最近の傾向を反映し、ドローンを開発する中国企業やロシアのセキュリティーソフト業者、ドイツの通信会社や電気・ガスの供給会社なども参加する。

 昨年Iは約50カ国・地域から1645のブランドが参加した。来場客は約24万5000人、展示面積は15万平方メートルで、成立した契約の金額は合計43億5000万ユーロ(現在のレートで約4930億円)になった。70カ国・地域から5800人による取材が行われた。

 今年はさらに規模が拡大するものとみられる。韓国のサムスン電子とLG電子も昨年と同程度か、さらに規模を広げてブースを用意し、世界のバイヤーと消費者を迎える。サムスンは腕時計型端末の新製品「ギャラクシーギアS3」を公開する。

最終更新:8月26日(金)21時20分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。