ここから本文です

高畑淳子の「女たちの特捜最前線」最終回は6・6% 裕太容疑者の影響少なく

デイリースポーツ 8月26日(金)19時58分配信

 25日に放送された高畑淳子出演のテレビ朝日系ドラマ「女たちの特捜最前線」最終回の平均視聴率が6・6%だったことが26日、分かった。

 前4週平均の6・5%とほぼ同じで、事件の影響はうかがえなかった。撮影中の6月24日には主演の高島礼子(52)の夫で元俳優の高知東生被告(51)が覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕され、最終回直前に裕太容疑者が逮捕という“呪われたドラマ”となった。(数字はビデオリサーチ日報調べ。関東地区)

最終更新:8月26日(金)20時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。