ここから本文です

英RHA、初のフルバランスヘッドフォンアンプや新ドライバー搭載イヤフォンを「IFA 2016」で披露

ITmedia LifeStyle 8月26日(金)20時39分配信

 英RHAは8月26日、同社初となるDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「Dacamp L1」およびハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「CL1 Ceramic」「CL750」を発表した。9月2日から独ベルリンで開催される「IFA 2016」の会場でお披露目を行う。なお、販売代理店のナイコムによると、日本でも10月に発売する予定だという。

「CL1 Ceramic」

 Dacamp L1は、フルバランス設計のポータブルヘッドフォンアンプ。L/RそれぞれにDACチップの「ES9018K2M」を搭載し、AB級動作のアンプ部と組み合わせた。最大384kHz/32bit、DSD 11.2MHzまでの再生に対応する。4000mAhの内蔵リチウムイオンバッテリーで約10時間の動作が可能だ。

 出力はバランスとアンバランスを1系統ずつ。3段階のゲイン調整やイコライザー機能(ベース、トレブル)も備えた。予定価格は5万2800円(税別)。

 CL1 Ceramicは、ハウジングに初めて高密度セラミックを採用したハイブリッド型イヤフォン。さらに中低域を担当する「CL Dynamic transducer」と高域用の「Ceramic plate transducer」という2つのユニークなドライバーを搭載する意欲作だ。詳細はIFAで発表される予定だが、再生周波数帯域は16~4万5000Hz、感度は87dB、インピーダンスは150Ωとなっている。

 またsMMCX端子による着脱式ケーブルを装備。ヘッドフォンアンプとのバランス接続に対応するケーブル(4ピン、ミニXLR)および3.5mmステレオミニのケーブルなどが付属する。予定価格は4万7800円。

 CL750は、ステンレス製のハウジングにダイナミック型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォンだ。再生周波数帯域は16~4万5000Hzをカバー。ヘッドフォンアンプとの組み合わせを想定した設計で、感度は86dB、インピーダンスは150Ωとなっている。11ペアのイヤーチップ(コンプライ含む)、クリップ、プロテクターケースなどが付属する。予定価格は1万5800円。

最終更新:8月26日(金)20時39分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]