ここから本文です

石田三成ゆかりの米原駅に現れた横断幕 三成への愛が溢れすぎてやばいとTwitter民ざわつく

ねとらぼ 8月26日(金)22時54分配信

 戦国武将・石田三成のゆかりの地の一つ、滋賀県米原市。そのJR米原駅の改札前に設置されている横断幕が、“三成愛”に溢れすぎているとTwitterで注目を集めています。幕には「大好き(ハート)三成さん」「私の心はいつでも西軍よ(ハート)」など、三成をアイドルとして崇めるようなメッセージとイラストがびっしり。なにこの過剰な愛、逆に怖いよ!

【三成への愛を集めるチラシ】

 横断幕は18メートル×2.4メートルという大きなもの。「近江の地は三成公の愛に溢れていまあ~す」「私の心は三成様と“友”に!」「みっちゃん!!!」「三成×吉継 美しすぎる友情」「三成さんこそ義将」などなど、三成への愛を示した言葉や絵が計41個、所狭しと並んでいます。

 あるTwitterユーザーが「なんか石田三成が宗教化してて怖さしかない」と横断幕の写真を投稿したところ一気に話題に。その常軌を逸した三成愛にほかのユーザーからも「滋賀県の迷所がまたひとつ誕生してしまった」「純粋にこわいwwww」「毎朝これみてるんだけどほんとやばい」と驚きの声が相次ぎました。一方で「しぬほど米原いきたくなった」など魅了される人も。

 この横断幕は8月25日から米原市商工観光課が設置しているもの。同市ではNHK大河ドラマ「真田丸」に石田三成が登場しているのに合わせ、三成の魅力をPRする「MEET三成展」を彦根市・長浜市とともに開催中です(11月30日まで)。その一環で以前から米原駅に三成に関連した横断幕を設置しており、今回掲示しているので第3弾となります。

 「集まったメッセージを見て、みなさんは三成に対してこんなに熱い思いを持っているのかと驚きました」と、今回企画デザインを手がけた看板会社・ビッグバードデザインの川崎さん。全国の石田三成ファンの思いを米原駅でアピールしたいと、小説「石田三成の青春」(サンライズ出版)のTwitterアカウントに協力してもらい、三成に対するメッセージやイラスト、写真を1週間ほど公募しました。

 「弊社でも横断幕にメインとして載せるためのメッセージを用意していたのですが、あまりにもファンのみなさんが送ってくるメッセージが熱すぎて……」と、寄せられた三成愛は想像以上だったとのこと。なるほど、野生の三成ファンの仕業だった。今回のネットの声についても、「こんな反響があるとは思わず、みなさんの思いに感動しています。米原駅をアピールできたのもうれしいです」とコメントしました。

 横断幕は当面9月いっぱいまで掲げられる予定。これだけのラブメッセージが集まるのも石田三成の魅力ならではでしょうが、現世の人々の“義心”もなかなか三成に負けてないのかもしれません。

最終更新:8月26日(金)22時54分

ねとらぼ