ここから本文です

楽天の今江が33歳誕生日に1500安打 「まさか誕生日とは。目標は2000本」

デイリースポーツ 8月26日(金)21時46分配信

 「楽天4-3オリックス」(26日、コボスタ宮城)

 楽天・今江敏晃内野手(33)が通算1500安打をマークした。33回目のバースデーとなったこの夜。六回1死一塁に金子から右前打を放ち、節目の一打を決めた。

 本拠地のファンに祝福された今江は、「まさかね。仙台で打ちたいなとは思っていたが、まさか誕生日とは。目標は2000本。しっかり打てるように頑張っていく」と笑顔。

 球場には家族も訪れていたといい、「9時過ぎには帰ってしまうと聞いていたので、早く打ちたかった。3打席目で打てて良かった。産んでくれた母にも感謝したい」と話していた。

 打線は1点を追う七回、ウィーラーの適時左前打で同点。八回にペゲーロの右越え2号ソロで勝ち越した。先発の安楽は、6回1/3を3失点で勝ち負けはつかず。3番手のミコライオが5勝目。

 オリックスは、先発の金子が7回3失点と踏ん張ったが、2番手の海田がつかまった。

最終更新:8月26日(金)21時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。