ここから本文です

広島が今季39度目の逆転勝ちでM16に 菊池が九回にV打

デイリースポーツ 8月26日(金)22時5分配信

 「中日2-3広島」(26日、ナゴヤドーム)

 広島が競り勝って、優勝マジックを2つ減らし、16とした。

 同点の九回、1死満塁の好機で、菊池が2ストライクと追い込まれてからの3球目のスライダーを左前へ。これが決勝打となり、チームを3連勝に導いた。

 中日は二回に近藤の2号ソロで先制。同点の六回には2死一、三塁から荒木のバント安打で勝ち越したが、九回に登板した田島がつかまった。

 広島は苦手の八木攻略に苦労したが、六回に丸の16号ソロで同点。八回には鈴木の三塁適時内野安打で再び同点とすると、九回に菊池の一打で勝ち越した。

 今季39度目の逆転勝ちに、菊池は「なんとかみんながチャンスをつくってくれたので積極的に打っていこうと打席に入りました。逆転できるとみんなを信じていました。マジックとか初めてなのでよく分からないが、1試合1試合しっかり戦っていきたい」と笑顔を見せていた。

最終更新:8月26日(金)22時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報