ここから本文です

始皇帝を倒すのは俺だ!!項羽と劉邦を新解釈で描く「レッドドラゴン」1巻

コミックナタリー 8月26日(金)21時30分配信

池野雅博が月刊少年エース(KADOKAWA)で連載する「レッドドラゴン」1巻が、本日8月26日に発売された。9月26日には第2巻と、2カ月連続での単行本刊行になる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「レッドドラゴン」は秦王朝滅亡後に項羽と劉邦の間で繰り広げられた楚漢戦争を新解釈で描く、古代中国史が題材の大河アクション。物語は、劉邦と幼馴染みの盧綰が野盗として始皇帝に献上される物資を奪う場面から始まる。2人は圧政に苦しむ村々に食べ物を配り歩くが、反逆者を探す秦の猛将・董翳は彼らが関わった村に非道にも火を放つ。「世界を変えてやる」という信念を抱えた少年たちの戦いが幕を開ける。

最終更新:8月26日(金)21時30分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。