ここから本文です

ジュウオウジャーが観客と掛け合い連発「大ヒットしたゾウ!」「楽しんでくだサイ!」

映画ナタリー 8月26日(金)21時37分配信

「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日8月26日に東京・丸の内TOEIにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントには、レギュラーキャストの中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、國島直希の6名が登壇。ジュウオウエレファント / タスク役の渡邉が「皆さんのおかげで、この映画が大ヒットした……」と言って客席を見やると、ファンたちが「ゾウー!」と続ける。それを見習おうと、ジュウオウザワールド / 門藤操役の國島も張り切って口を開くが、「ジュウオウジャーの魅力と映画の魅力と……えっと……」と言葉に詰まってしまい笑いが起こる。最終的に「今日は楽しんでいったくだ……」「サイ!」と観客との掛け合いを楽しみ、ほかのキャストから「言えた言えた!(笑)」と温かい拍手が送られた。

数多くの舞台挨拶を行ってきた6人は、各地でも披露した名乗りをこの日も実演することに。1人ひとりセリフとポーズを決め、最後に全員で「この星をなめるなよ!」と声をそろえると、客席から「かっこいいー!」と大歓声が起こる。中尾は「タイミングが合ってきたね! 何度もやってきたので、今日はいきなり本番だったんですけどばっちりでした」と満足気に話した。

國島は、イベント冒頭でのコールアンドレスポンスを再びいじられると「いろんな舞台挨拶でサイばっかり言い過ぎてるから、今日はクロコダイルとオオカミを入れ込もうと思ってた。だから途中でわからなくなっちゃった」と明かす。5人から「なんて言うつもりだったの?」と聞かれた國島は、真面目な顔で「サイこうのクロコダイルにしよオオカミ!」と答え、「ちょっと待って!」「最高のクロコダイルって何!?」「言わなくてよかったね!」と全員からツッコミを受けた。

続いては、9月4日と11日にテレビ朝日系で放送されるドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」にて、6人が「海賊戦隊ゴーカイジャー」のキャストと共演した話題へ。南羽と中尾が「ゴーカイチェンジがめちゃくちゃカッコよかった!」「5年振りなのにぴったりそろってた!」と興奮気味に話すと、立石は「私たちジュウオウジャーのほうが緊張してNG出しちゃったよね」と笑う。また國島が、ゴーカイジャーが大好きだという渡邉へ「1人だけ、ゴーカイジャーとめっちゃ写真撮ってたよね」と言うと、ほかのキャストは「私も撮ったよ!」「俺も撮ったよ!」「え、操撮ってないの!?」と悪ノリを開始。目を丸くして驚く國島に、会場は爆笑に包まれた。

イベントの中盤ではファンへの感謝を込めたプレゼント抽選会が行われたほか、6人が「レッツ!ジュウオウダンス」の映画バージョンに乗せてエンディングダンスを生披露。さらにここで、8月24日が柳の19歳の誕生日であったことから、観客も参加したサプライズ企画が。舞台袖から渡邉がケーキを、中尾が花束を持って現れると、ファンも一緒になってバースデーソングを合唱した。何も聞かされていなかった柳は動揺しながらも、「最年少らしくみんなを盛り上げられるような役割を果たしたいです! 演技も一生懸命やっていきたい!」と笑顔で抱負を語った。そしてケーキを食べるよう促されると、「私、アムちゃんに“あーん”されたいな」とおねだり。指名された立石は「え、(顔に)バーンってやるってこと?」と返して笑いを起こすが、最後は優しく「あーん」と柳にケーキを食べさせた。

イベントの締めくくりには、中尾が「僕たちもこうして何人か誕生日を迎えて、長いことやってきました。ここまでのいろいろなものが詰まっている映画です。この映画で、夏が盛り上がるような激アツな気持ちになってくれたらうれしいです!」と挨拶した。

「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」は全国で上映中。



(c)2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)2016テレビ朝日・東映AG・東映

最終更新:8月26日(金)21時37分

映画ナタリー