ここから本文です

Fミュージアムが5周年でイベント続々!“本原画”の展示や、写真撮影もOKに

コミックナタリー 8月26日(金)21時55分配信

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」にて、開館5周年を記念したフェアが9月3日から10月31日まで開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

展示室IおよびIIでは、普段は作品保護のために複製原画と定期的に入れ替えて展示されている原画が、9月3日から19日までの期間はすべて“本原画”に。また「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」を開催中の展示室IIに並ぶ原画は、9月3日から30日までの予定で撮影可能になる。さらにFシアターで本編前に流れるオープニング映像も新たになり、新作の短編映像「ポコニャン&ドラえもん『ポンポコニャンでここほれニャンニャン!?』」も公開される。

ミュージアムショップには5周年を記念したピンバッジやフィギュア、そして新デザイン“SHIRO×KURO”のTシャツなどがラインナップ。さらに「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」の公式ガイドブックも販売される。またカフェでは「ドラえもんスフレアイス~5周年記念バージョン~」などの新メニューも。

なお9月3日の来場客には全員に、5周年記念のポストカードをプレゼント。さらにフェア期間中は入館時に、特製デザインのチケットが渡される。そのほか館外でも、9月3日からは送迎ラッピングバスが全面リニューアル、近くの駅の発車メロディーが藤子・F・不二雄のアニメ作品の音楽に変更に。同館やその付近の施設では、藤子・F・不二雄作品のモニュメントを巡るスタンプラリーも実施される。

(c)Fujiko-Pro

最終更新:8月26日(金)21時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。