ここから本文です

広島 守備でも魅せた 39度目の逆転勝ち呼び込む

デイリースポーツ 8月26日(金)23時32分配信

 「中日2-3広島」(26日、ナゴヤドーム)

 広島が鉄壁の守備で今季39度目の逆転勝利を呼び込んだ。

 2-2の八回無死一塁。大島の右中間を破った打球に、中堅手・丸が素早く追い付くと、中継に入った二塁手・菊池に素早く送球。菊池は勢いよく反転し、捕手・石原へノーバウンドでつなげた。一塁から本塁を狙ったエルナンデスはタッチアウト。完ぺきな連係プレーが勝ち越し点を阻止した。その後のピンチも切り抜け、この回を無失点。九回1死満塁から菊池が左前適時打を放ち、逆転に成功した。

 春季キャンプから内外野の中継プレーには力を入れてきた。河田守備走塁コーチは「あのプレーで勝ったようなもの。2人ともド・ストライクを投げてくれた。丸はキクの胸に投げて、キクも寸分の狂いもなく(石原に)投げた。あそこじゃなく、一塁側に少しでもそれていたら、セーフになっていたかもしれない」と最大級の賛辞を送った。

 チームは3連勝。2位巨人がDeNAに敗れたため、優勝マジックは「16」に減った。

最終更新:8月26日(金)23時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]