ここから本文です

【F1】ピレリ、スパで試作品タイヤをテスト

ISM 8月26日(金)15時0分配信

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、ベルギーGPフリー走行で試作品タイヤをテストすることを発表した。2015年に発生したようなトラブルの再発を防ぐことが目的とされている。

 ニコ・ロズベルグは昨年のフリー走行で、高速走行中にタイヤが破裂するというトラブルに見舞われたが、ピレリはこれを「外部の要因によるもの」と断定していた。また、セバスチャン・ヴェッテルは、レース残り1周でタイヤをパンクさせていた。

 このためピレリは今回、長期にわたる調査に基づく報告書を提出し、GPの週末を通してタイヤに複数の「例外的な」切れ込みがあったと結論付けた。

 「FP1とFP2で、カラーリングされていない試作品のタイヤをテストする予定だ。縁石または別の外的物体による偶発的な複数の衝撃が及ぼし得る影響から、タイヤを保護するために改良されたものだ」

 ピレリは現在、レギュレーション改定の一環として2017年に向けて幅の広いタイヤを開発している。(情報提供:GP Update)

最終更新:8月26日(金)15時0分

ISM