ここから本文です

力斗、10場所連続勝ち越し誓う!幕下昇進から3場所連続勝ち越し中

スポーツ報知 8月27日(土)6時5分配信

 秋田・横手市出身の大相撲東幕下33枚目・力斗(22)=時津風=が26日の神奈川・平塚巡業で、秋場所(9月11日初日・両国国技館)での10場所連続勝ち越しを誓った。

 西3段目83枚目だった2015年春場所から9場所連続勝ち越し中。167センチの小兵は初土俵から5場所で三段目に昇進したが、壁にぶつかった。恵まれた体格を持つライバルに苦戦が続き、「体大きかったら良かったな」。悲観的になることもあったが兄弟子の幕内・豊ノ島(33)の「生まれ持ったものなんだから、その体でいかに取るかは自分次第なんだ。小さい力士にも小さいなりの可能性はあるんだから」という言葉で目が覚めた。

 お手本は身長160センチ台ながら幕内でも活躍した幕下・磋牙司(34)=入間川=。「すごいなと思って見ていただけだった」という生きる教材の相撲を動画で何度も見た。特に鋭い立ち合いを研究。その成果が初土俵から27場所をかけた今年春場所での幕下昇進。そこから3場所連続で勝ち越しと快進撃が続く。

 次の目標は当然、十両だ。孫の新聞記事を全てスクラップしているという祖母・キサさんへ「化粧まわしで土俵入りする姿を見せたい」。最愛の祖母へ晴れ姿を披露するため、一歩一歩階段を上る。(秦 雄太郎)

最終更新:8月27日(土)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]