ここから本文です

ワン・ダイレクションのハリー、マイケル・ブーブレのために曲を制作

BARKS 8月29日(月)12時37分配信

マイケル・ブーブレが10月にリリースするニュー・アルバムに、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズとメーガン・トレイナーが共作した曲が収録されるそうだ。ブーブレが自作ではない曲をレコーディングしたのはこれが初めてだという。

◆マイケル・ブーブレ画像

ブーブレは「ET Canada」のインタビューで、こう明かした。「初めて、自分が作ったんじゃないオリジナル・ソングをレコーディングした。メーガン・トレイナーとハリー・スタイルズが作ったんだ」

「みんなにとって驚きだと思う。でも、彼らは才能があり、僕が心を奪われた曲を作った。ただそれだけだよ。自分のエゴを捨て、アルバムにとって最良なことをしようって思ったんだ」

これは「Someday」というタイトルで、メーガンはヴォーカリストとしても参加しているという。

ブーブレのニュー・アルバム『Nobody But Me』は、大半がポップ・スタンダードのカヴァーで、オリジナルは「Someday」を含め3曲収録しているそうだ。10月21日にリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:8月29日(月)12時37分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。