ここから本文です

ビヨンセ、アリーヤの命日に彼女を追悼

BARKS 8/29(月) 12:40配信

アメリカ人のR&Bシンガー、アリーヤが2001年飛行機事故により22歳の若さで亡くなってから早くも15年。その命日(8月25日)、ビヨンセは彼女を追悼し、一緒に撮影した映像をインスタグラムで公開した。

◆ビヨンセ画像

これは2000年に開催された<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>のレッドカーペットで、18歳のビヨンセが彼女のアイドルだったアリーヤをインタビューしたときのもの。ビヨンセから「(今夜)楽しみにしているものは?」と問われたアリーヤは、「ディアンジェロのパフォーマンスを観るのが楽しみ」と答え、「彼はホットよ、セクシーだわ」と褒めた。ビヨンセもそれに同意している。

アリーヤは2001年8月25日、ミュージック・ビデオの撮影を終えたバハマを出発。そのセスナ機が離陸直後に墜落し、22歳、まだこれからというときに亡くなった。活動期間は短かったが、そのパフォーマンス・スタイルはビヨンセをはじめ多くのシンガーに影響を与えた。

Ako Suzuki

最終更新:8/29(月) 12:40

BARKS

なぜ今? 首相主導の働き方改革