ここから本文です

【陸上】山県、来年世界選手権で100M決勝残る!

スポーツ報知 8月27日(土)6時5分配信

 リオ五輪の陸上短距離代表・山県亮太(24)=セイコーホールディングス=が26日、都内で取材に応じ、来年の世界選手権(英ロンドン)での100メートル決勝進出を新たな目標に掲げ、東京五輪での飛躍を誓った。

 世界を驚かせた男子400メートルリレー銀メダルの快挙から1週間。山県は「世界選手権は100メートルに集中力を注いで決勝を目指す」と早くも野望を描き始めた。

 リオでは2大会連続で進出した100メートル準決勝で、自己ベスト10秒05を出すも敗退。決勝進出タイムの10秒01とは0・04秒差だったが、「この壁は決して高くない。『もう少しだったじゃん!』というのが率直な感想」と強気に語った。来年の世界選手権は東京五輪でファイナリストになるための試金石としていく。

 9月の全日本実業団選手権(大阪・長居)が凱旋試合で本業の100メートルのほか、200メートルにもエントリーする。多忙を極めるが来月初旬に地元の広島に帰省予定。「今は海で釣りをしたい」と山県。これからも続く荒波の中、より大きな獲物を釣る。(飯塚 康博)

最終更新:8月27日(土)6時5分

スポーツ報知