ここから本文です

『ハイスクール・ミュージカル』放送10周年、メインキャストで“同窓会”

オリコン 8月26日(金)12時0分配信

 2006年に全米から世界へ一大センセーションを巻き起こしたドラマ『ハイスクール・ミュージカル』の放送10周年を記念した特別映像が、ディズニー・チャンネル(全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで視聴可能)で9月16日に日本初放送される。その映像の一部をORICON STYLEで先行公開。メインキャストが“同窓会”のごとく久しぶりに集まり、当時の思い出を仲睦まじく語っている。

『ハイスクール・ミュージアム』特別映像の一部を公開

 アメリカの架空の高校を舞台に、10代らしいはじけるような感情のぶつかりあい、恋情、友情などが全編にあふれるストーリーを、魅力的なキャスト、心に響く音楽とダンスで描いたミュージカル作品。日本でもNHK-BS2(当時)ほかで放送され、好評を博した。ザック・エフロン(トロイ役)、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ(ガブリエラ役)を一躍スターにした作品でもある。

 特別映像は、ヴァネッサをはじめ、アシュレイ・ティスデイル(シャーペイ役)、ルーカス・グラビール(ライアン役)、コービン・ブルー(チャド役)、モニーク・コールマン(テイラー役)の5人が当時の思い出を語り合う趣旨で、ロサンジェルス郊外の体育館に再集結。収録に参加できなかったザックもファンに向けてのビデオメッセージを寄せている。9月16日の特別編成『100作達成記念 ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー大放送』(後7:30~9:30)の中でオンエアされる。

 先行公開された映像では、「あれから10年たつなんて信じられない。今もキャストの皆が大好き。目まぐるしかったけど、最高の思い出よ」と誇らしげに語るヴァネッサが印象的。アシュレイは「大ヒットしたのはファンのおかげよ。口コミで徐々に広まっていった」と全米で社会現象をとなった当時を振り返った。

 今なお多くのたち達を魅了し続けており、モニークは「若い子によくこう言われたわ。“あの映画のおかげで自信が持てるようになった”と」。コービンも「最近では“君は僕の青春だ”とか言われる。頻繁にね」。

 ルーカスは「ケニー・オルテガが監督でよかった。最初から最後まで僕らを導いてくれて、愛や友情といったテーマを見事に描いてくれた」と感謝。そのオルテガ監督も、後にドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』(2009年)も手がけ大きな飛躍をとげている。

最終更新:8月26日(金)12時0分

オリコン