ここから本文です

高畑淳子、息子の芸能界復帰で言及「してはいけない」 事件は「彼の甘さ」

オリコン 8月26日(金)10時4分配信

 今月23日に強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の母親で女優の高畑淳子(61)が26日、都内で会見を行い「被害にあわれた女性のかた、息子がお受けしていたお仕事のキャンセル、どんなに言葉を重ねても、お詫びの言葉みつかりません」と涙ながらに謝罪した。

【動画】涙ながらに…高畑淳子の謝罪会見

 会見で自身の子育てについて聞かれると「自分なりに精いっぱいやったつもりですが、育て方がいけなかった。うそをついてはいけない、人さまに迷惑を掛けてはいけない、と言ってきたつもりですが…。この場で言うことじゃない」と反省の言葉を述べ、今回、事件を起こした原因については「彼の甘さ」と話した。

 今後、親の立場として息子をどう守って対応するか質問されると「そのことに関しては次にやらねばと思っている。まずは皆さまにご迷惑をおかけしたことを報告を…。ずっと続くことですから、そのことを頭で整理する。最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしても、親として守る・ガードするわけではなく『親でいる』ということが最後の最後にくると思う」といい、裕太容疑者の芸能界復帰については「してはいけないことだと思っています」と言及した。

 きのう25日の接見で裕太容疑者の様子について「目が腫れ上がって、震えて泣いてばかりでした」と涙ながらに明かし、「(面会は)もう、ほとんど覚えていないが『一生かけて謝らなければいけないよ』と。こんなことは不謹慎で言ってはいけないが、どんなことがあってもお母さんだから、姉はどんなことがあっても裕太のお姉ちゃんだからと言っていたように記憶しています」と、止まらない涙をぬぐっていた。

 裕太容疑者の逮捕後、所属事務所は「詳細が明らかになり次第、高畑淳子本人より、あらためてご報告させていただく予定です」とし、きのう25日には、裕太容疑者が拘置されている前橋警察署を訪れて、裕太容疑者と面会した。

最終更新:8月29日(月)16時7分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。