ここから本文です

【NBA】B.グリフィン、クリッパーズ残留を希望か

ISM 8月26日(金)19時52分配信

 ロサンゼルス・クリッパーズのフォワード、ブレイク・グリフィンが、来季フリーエージェント(FA)になるオプションを行使せず、クリッパーズ残留を望んでいるようだ。米スポーツ専門チャンネル『FOXスポーツ』のウェブサイトなど、複数メディアが現地25日に伝えている。

 グリフィンは昨季、左大腿筋の部分断裂や腱の負傷により、41試合を欠場。さらに、プレーオフ中にはケガを悪化させたほか、チームスタッフを殴った際に右手を骨折。散々なシーズンを送り、今オフにトレードに出されると噂されていた。

 しかし、グリフィンに近い関係者が明かしたところによれば、同選手はクリッパーズとの再契約を強く望んでおり、他球団に移る意思はないとのこと。クリッパーズのHCを務めるドック・リバース氏も残留を希望しているようで、“グリフィンがクリッパーズで引退すると信じている”と述べるなど、トレードに出すつもりはないと話しているという。

『FOXスポーツ』は、グリフィンが健全な状態であればトップレベルの実力があること、FAのオプション行使が選択可能なときにまだ28歳であることなどから、引く手数多になると予想。しかし、ゴールデンステイト・ウォリアーズやクリーブランド・キャバリアーズには劣るものの、クリッパーズもトップチームの一つに数えられるため、グリフィンが残留を選ぶ可能性も十分にあると伝えている。

 なお、クリッパーズではポイントガードのクリス・ポールも、グリフィン同様に2017シーズン終了後にFAになれるオプションを有している。

最終更新:8月26日(金)20時24分

ISM