ここから本文です

【NBA】レイカーズとJ.イーの契約内容に多額のインセンティブ

ISM 8月26日(金)20時27分配信

 ロサンゼルス・レイカーズと中国出身のフォワード、イー・ジャンリャンが結んだ契約内容に多額のインセンティブが含まれていることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが現地25日に伝えている。

 22日にレイカーズと契約したイーは、最低でも25万ドル(約2,500万円)が保証されているようだが、最高で800万ドル(約8億円)を手にする可能性がある。最低保証となる25万ドルに加え、ロースターに登録されている間は、日ごとに6,701ドル(約67万円)が加算されるなど、ロースターボーナスは合計で約114万ドル(約1億1,400万円)に達するという。

 また、出場試合数によってもボーナスが支払われるようで、20試合で約230万ドル(約2億3,100万円)、40試合で約460万ドル(約4億6,200万円)、59試合以上で約690万ドル(約6億9,300万円)という条件が付けられているようだ。

『NBCスポーツ』は、レイカーズがイーを完ぺきにコントロールできる契約内容であることに言及。来季のトレード期限である2月16日時点では、イーが満額となる800万ドルに達することはなく、レイカーズがイーをトレードする場合、トレード相手となるチームは、獲得した同選手をウェイブ(契約解除)すれば、相手チームはサラリーカットをすることができる。

最終更新:8月26日(金)20時27分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。